おもちゃは立派な教育玩具であり幼児教育

2012/11/14

 

赤ちゃんから6歳までの子どもにとって

遊ぶことは生きることそのものでもあります。

胎内時、または出産後に何らかのアクシデントを

手足に受けると

脳の発達が遅れることがしばしばあります。

特に言葉は顕著です。

例えば、こんな実例があります。

1歳でなん語を話していた子の足に

がんが出来、手術をすることになりました。

手術は成功しましたが、2ヶ月ほど動かないように

ベットに手足共に縛られていました。

その後その子から言葉はでてこなくなってしまったそうです。

私がその子に会ったのは三歳5ヶ月の時でした。

手の指先も未発達差が目立ちました。

個別指導を始めてから5ヶ月ほどで

言葉は普通に近くなってきました。

何をしたかといえば

その子が理解できるおもちゃや玩具を選び

家庭でご両親と楽しく遊日続けてもらったのです。

勿論おもちゃや教育玩具は幼児教育の

プロとしてのチョイスですが。

現在その子は6歳です。

来春公立小学校の普通クラスに入学します。

 

 

荒関式ことば発達法のHPはこちら

      ↓
http://www.arasekiyoko.com/

 

 

 

 

タグ: ,

Copyright© 2012 幼児教室(知育教室)のエンジェルコスモ All Rights Reserved.