ヤル気のある子の育て方

2013/06/27

小中学生のお子さまをお持ちの保護者様から、わが子のヤル気のなさについての悩みをよくお聞きします。

「私はそれほど怒りませんし、どちらかといえば誉める方です。なのに、子どもはまったくヤル気がありません。どうしたら良いでしょうか?」

こうしたある種、嘆きのようなご相談をお受けします。

そうした方のお子さんは、確かにお世辞にもヤル気があるようには見えません。

しかし、そのようなお子さまでも「自分は伸びなくてもいい。」などとは決して思ってはいません。

どの子もみんな『いろいろできるようになりたい。』と心根では思っていると感じます。

でも、年を重ねるごとに出来ないことが多くなっていくのも現実です。

理由は、脳に刻まれた親や周りの者からのマイナスイメージの言動です。

また、運動分野では0歳から1歳半までにおける親のスキンシップ量と運動量の少なさが問題を引き起こしていると思われます。

そのため、身体的未発達な部位により脳のより良い発達を遅らせてしまっていると感じることが多々あります。

私はこうした小学生達には、頭の回転を早くするゲームや視覚からの判別能力を高めるゲームを通常の学習に加えてきました。

ゲームの中で、感覚自体を高めるだけでなく充分誉めます。

親や周囲の者からの言動に傷ついた脳のトラウマを、少しずつ取り去っていったのです。

すると、そこから子ども達の脳はヤル気を取り戻し頑張り始めたのです。

6歳までに90%完成した小中学生の脳に対しては、心理的な回復をきっかけにしていくこともヤル気の元なのです。






タグ: , ,

Copyright© 2012 幼児教室(知育教室)のエンジェルコスモ All Rights Reserved.