言葉を持たない子どもの言葉

2012/11/24

言葉がまったく出てこない子どものレッスンをすると
多動のために最初の20分ぐらいはまったく
レッスンにはなりません。
無理に座らせようとすれば脱走をしてしまいます。
徐々にこちらのペースに乗せていくのです。
30分ぐらいしてこちらのペースにのせこめたら
ご両親には外室して頂きマジックミラーから
見ていていただきます。
すると日頃、ご両親には見せたことがないような
行動をします。
1人ではめたことがないようなパズルを1人ではめたり
2個以上積んだことがない積み木を積んだり
大玉そろばんを一緒に10まで数えたり・・・と
一時も座っていない子どもが学び出すのです。
その後は子どもが自分からまた椅子に座ったりして
「さっきのことやって!」と心の声で話しかけてきます。
「パパとママはいつも僕がやりたくない時や
やりたいことじゃない物をやらせようとするんだ。
タイミングをはずすんだよ。
やりたいことでわからせてくれればいいのに!」
などと目で訴えてくるのです。
最近では心の声がよく聞こえてくるようになりました。
それをご両親に伝えるだけでも
子どもは大きく変わっていきます。

 

荒関式ことば発達法のHPはこちら

http://www.arasekiyoko.com/

荒関洋子の運営する地域NO幼児教室はこちら

http://www.angelcosmo.net/

タグ:

Copyright© 2012 幼児教室(知育教室)のエンジェルコスモ All Rights Reserved.