今の日本で必要な幼児教育とは?

2012/11/02

私は、乳幼児教育の勉強を16歳から始めました。

つまり、高校・大学そして実際の現場をあわせると

すでに38年もの間乳幼児について学び続け、

実践し続けていることになります。

38年の間に日本は大きく変わりました。

変わるたびに不況が日本の隅々まで広がってきました。

そして、青少年の犯罪の残虐性が増してきました。

今や経営にはインターネットは欠かせません。

不況の波に巻き込まれる経営者はこのインターネットを

上手に利用できていない場合も多いのです。

反対に引きこもりの青少年はコンピューターが話し相手になっています。

赤ちゃん教育といっても

まずは触ることに始まります。

オムツを替えたりお風呂に入れるときに触るだけではなく

とにかく体全体を最低でも生後から3ヶ月までは

毎日たくさんすべきです。

触られないで成長すると、触覚が育ちにくく

人とのコミュニケーションが上手く取れなくなります。

心が育ちにくくなります

タグ: ,

Copyright© 2012 幼児教室(知育教室)のエンジェルコスモ All Rights Reserved.